Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 399

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 414

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 421

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 456

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/cache.php on line 99

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/theme.php on line 576
エフェクター分解 · 松美庵のジャンク日記

ギターエフェクターの改造・自作、ギターの改造等 松美庵の作業日記です。

Archive for the 'エフェクター分解' Category

Ibanez TS7 ちょっと分解

木曜日, 5 月 15th, 2008

TS9モードとHOTモードが切り替え可能なIbanez Tubescreamer TS7を入手してみました。これってまだ現行品だったんですね。ショップでおもいっきり売られています。
で、何故かこのTS7だけ回路図が出回っていないのですね。HOTモードってどこを切り替えているのだろうか?と興味があったので分解してみました。
フタを開けて基板の配線面が見えます。な、な、なんと複雑そうな!ひょっとしてTSシリーズもデジタルになったのか?と思って基板を起こしてみたら、パーツ面はスカスカでした(^_^;)。他の機種と共通の基板にでもしているのでしょうかね?
更に見ていくとコネクタだらけで基板が幾重にも重なり分けられています。なんじゃこりゃ!
メイン基板とポット基板なんかはケーブルなしの直付けです(-_-;)、OUTジャックやスイッチ部にも基板がありそれぞれ少しずつパーツが付けられています。
こりゃぁ回路とるの大変だわ!
それにしても基板を全て外すのに小さいネジを10本ほど外し、更にそれぞれのジャックに金具も付いていてそれも外さなければならない。製造工程もかなり多いし面倒だと推測される。
この「7シリーズ」から台湾製になったようだが、人件費が安いからと言ってこんなに製造工程を増やして何の役に立つのだろうか?あるいはこの頃にマクソンとIbanezが別会社になったのだろうか?
回路取るのは時間のある時しか出来ないけど、取ったらまた公開しますね。

Guyatone PRE AMP A-1 回路図取りました

月曜日, 2 月 25th, 2008

ちょっと興味があったのでGuyatone PRE AMP A-1をオークションで落札してみました。
おそらくアコースティック・ギター用ピックアップのプリアンプだと思われますが、ナチュラルなブースターとして使えないかなぁと狙ってます(^^ゞ。
レビューはまた後日として、要するに狙い通りナチュラル以上のものがありました。さすがにアコギ用なのでギラギラした高音、ドンと来る低音を強調してくれます。
これでアンプを歪ますとザクザクな音が作れました。
で、おそらく簡単な回路だろうと思い、勉強のためにも回路図を取ることにしました。
前回、CRAZY FUZZ のときにさいとうさんから教えていただいた、基板をスキャナーで撮って反転しパーツを書き込んでいくという作業をおこなってみました。写真は反転済みの基板スキャンです。
なんとこのやり方だとスムーズに回路が取れます。サクサクと取って30分ぐらいで全部取り終えたでしょうか。ポットの値を見るの忘れてました。ポットの横に数値が書いてあるので外さないと読めないんですよね。それまで基板だけなら、いっさい分解しないで読み取れてたんで、仕方なく分解し数値だけ読み取りました。

ということで回路図です→
ちょっとドンシャリ気味なのでヘビィメタには合いませんが、倍音いっぱいのチャーみたいな音が好きな人ならオイシイ音だと思いますよ。
ま、しかし自作するより製品買った方が安いかも...

Landgraff DOD 再び、クリッパをModify

火曜日, 2 月 19th, 2008

年末に依頼されて作ったLandgraff DODですが、気に入っていただけたようで更なるモディファイということで、再びお預かりしました。
今回のModifyは「ZenDriveのクリッパ部を移植して欲しい」とのこと。しかもダイオード部分は非対称にしたいと...どこかで見たことあるなぁと思ったら、あつさんが作ってらっしゃいますね。
と言うことで、はたしてランドグラフにそのまま移植して良い音が出るのかどうか、全く同じパーツを取り寄せて実験してみることにしました。
パーツ点数がそこそこにあるので、電池スペースを潰して別基板を用意するとこまで話しが決まっています。ですので、まずは電池ホルダーの撤去から始まり、クリッパ部の配線を引き出す作業です。
それと依頼人さんはLEDでのクリップを好まないそうで、LEDの代わりにZenDriveのクリッパをとのこと。しかし松美庵としてはLEDも生かして切り替えにしたいなぁと考えております。
作業は結構細かく、フットスイッチを外したりサイド部のスライドスイッチを外したりしないとクリッパ部の配線を引き出すことはできません。ま、ついでに最終的な配線も考慮しての作業なので仕方ないとこです。
こちらのレイアウト図で言うとD1とSW1-1から長い線を引っ張り出しました。
これで思う存分ブレッドボードで試すことが出来ます。