Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 399

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 414

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 421

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 456

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/cache.php on line 99

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/theme.php on line 576
Ibanez · 松美庵のジャンク日記

ギターエフェクターの改造・自作、ギターの改造等 松美庵の作業日記です。

Archive for the 'Ibanez' Category

Ibanez TS7 ちょっと分解

木曜日, 5 月 15th, 2008

TS9モードとHOTモードが切り替え可能なIbanez Tubescreamer TS7を入手してみました。これってまだ現行品だったんですね。ショップでおもいっきり売られています。
で、何故かこのTS7だけ回路図が出回っていないのですね。HOTモードってどこを切り替えているのだろうか?と興味があったので分解してみました。
フタを開けて基板の配線面が見えます。な、な、なんと複雑そうな!ひょっとしてTSシリーズもデジタルになったのか?と思って基板を起こしてみたら、パーツ面はスカスカでした(^_^;)。他の機種と共通の基板にでもしているのでしょうかね?
更に見ていくとコネクタだらけで基板が幾重にも重なり分けられています。なんじゃこりゃ!
メイン基板とポット基板なんかはケーブルなしの直付けです(-_-;)、OUTジャックやスイッチ部にも基板がありそれぞれ少しずつパーツが付けられています。
こりゃぁ回路とるの大変だわ!
それにしても基板を全て外すのに小さいネジを10本ほど外し、更にそれぞれのジャックに金具も付いていてそれも外さなければならない。製造工程もかなり多いし面倒だと推測される。
この「7シリーズ」から台湾製になったようだが、人件費が安いからと言ってこんなに製造工程を増やして何の役に立つのだろうか?あるいはこの頃にマクソンとIbanezが別会社になったのだろうか?
回路取るのは時間のある時しか出来ないけど、取ったらまた公開しますね。

Ibanez LU20 トゥルーバイパスではなかった!

金曜日, 4 月 11th, 2008

昨日、Ibanez LU20がトゥルーバイパスではなかったことをホームページで発表したら、たいへん反響があり数名の方々からメールもいただきました。
ここではトゥルーバイパスについてもうちょっと考えてみたいと思います。
まずLU20のトゥルーバイパス化を考えましたがジャックやスイッチが基板一体になっている為、かなり困難な状況です。やはりBOSS TU-2とかKORG DT-10が改造しやすい機種ですね。双方とも外観を変えることなくトゥルーバイパス化できます。
ところで各メーカーでトゥルーバイパスの定義がはっきりしていないのが現状です。ダンカンのブースターやMarshallの最近のシリーズはトゥルーバイパスを謳っていますが、実際には6Pスイッチを使用した「ミレニアムバイパス」です。
違いはトゥルーバイパスはバイパス時にエフェクト入力をグランドに落として信号(バイパス時では宙ぶらりんの無信号)の増幅をカットしグランドを通して音漏れをしない設計になっています。一方ミレニアムバイパスはそのような処理はしていません。
ブースターや歪み系は本来前者のような処理が必要で、少なからずバイパス時に歪み音が音漏れしています。
最近流行りのブティック系メーカーでは、ほとんど9Pスイッチを使用し前者のようなトゥルーバイパスにしています。ですので、きちんと増幅をカットする処理をしているのを「トゥルーバイパス」と定義したいところです。
つづく