Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 399

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 414

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 421

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 456

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/cache.php on line 99

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/theme.php on line 576
エフェクター自作 · 松美庵のジャンク日記

ギターエフェクターの改造・自作、ギターの改造等 松美庵の作業日記です。

Archive for the 'エフェクター自作' Category

Millenium Bypass Plus !?

土曜日, 5 月 31st, 2008

えーと、昨日の続きです。
ゴリさんから教えていただいたMXR Distortion IIIの回路図では、昨日考えた同じようなことを電子スイッチでおこなっていました。ゴリさん、ありがとうございます。
そこで早速レイアウト図を書いてみました。しかしPチャンネルFETの手持ちが無かったのでテストはしていません。
レイアウト図→Millenium PLUS
素人ながら考えるに、9Vからのラインが妖しい気がします。これだとLEDが点かないんじゃないかな?なんても思います。
詳しい方々、もし回路的に矛盾点があるようならコメントでご指摘いただけると助かりますm(__)m。
一応説明すると...
DPDTでトゥルーバイパス&LEDを点灯させ、更にバイパス時にエフェクトINをGNDに落として増幅ノイズをシャットアウトすると言う仕様です。
 

ミレニアムバイパスにプラスアルファを...

金曜日, 5 月 30th, 2008

え~、今日は何となく思いついたことを書いてみようと思います。
ガバナーkoreaのトゥルーバイパス化を実行しようとしているのですけど、フットスイッチの形状を変えたくないと言う気持ちがあるのですね。
しかし、ミレニアムバイパスだとエフェクトINが宙ぶらりんになってしまい、GNDを通じてバイパス音に増幅ノイズが漏れてしまう可能性があります。空間系なら良いのですけど、やはりディストーションともなると気になります。
そこでふと思いついたのですが、ミレニアムバイパスって結局電子スイッチを連動させてLEDを点灯させているだけです。それならもうひとつ電子スイッチを連動させて増幅率を1か0にすれば、バイパス時の音漏れはなくなります。
と、思いついただけでまだ何も実験していません(^^ゞ。
もしこれが実現できたら「何バイパス」って呼ぶのでしょうか?ミレニアムみたいに勝手に名前付けたろうか!

Landgraff DOD 完成 クリッパ基板の増設

月曜日, 3 月 3rd, 2008

単なるクリッパの増設で何日もかかっている訳なんだけど(^^ゞ、ようやく完成しました。
結果的には依頼人さんと相談してサブ基板はケースに接着することにしました。
さてこれで晴れてケースのフタを閉めてノイズの少ない状況で試奏出来るわけです。
結果、例えば1N914でクリアで透き通るような音を作ったとします。その状態のままZendriveモードにすると、クリアさはそのままで1N914時には高音が若干暴れてジャージャー言っていたのが取れました。むしろ若干ですが音の艶が増したように感じます。
音量と音質が1N914とさほど変わらないので、試作段階では違いが明確ではなかったのですが、完成状態でじっくり試すと大きな違いになったので、それなりに納得した松美庵でした(^o^)丿。