Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 399

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 414

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 421

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-settings.php on line 456

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/cache.php on line 99

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/query.php on line 21

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/mtm/public_html/junk.bomch.net/wp-includes/theme.php on line 576
エフェクター改造 · 松美庵のジャンク日記

ギターエフェクターの改造・自作、ギターの改造等 松美庵の作業日記です。

Archive for the 'エフェクター改造' Category

OD-1の省略回路をテスト!失敗編

日曜日, 6 月 1st, 2008

久しぶりにOD-1の音を聞いたらやっぱクワッドの音が聞きたくなったんです。そこで単にクワッドOD-1を作るのもナニなんで、入出力のバッファを取った回路で実験してみました。これで同じ音が出るなら、よりシンプルな回路になります。
TubeScreanerでも入出力のバッファーを取った回路がいろいろと出回っています。知ってるだけでもZenDriveとか、エタニティとかですね。おそらく探せば限りなく出てくると思われます。
OD-1もデュアルオペアンプバージョンともなるとTSとほぼ同じです。なので軽くできるはず!そして同じ音が出て欲しい。
ブレッドボードを久々に引っ張り出して、とりあえずクワッド版バッファー無しを組んでみました。
結果は「X」。なんだかコモっててゲインも足りない感じです。
仕方ないのでデュアル版の定数に変更、入力のコンデンサーを変えるだけです。今度はコモってないのですけど、ワウの半止めのような中音ばかりが目立つ音になってしまいました。
なんでかなぁ?と考えたら、TSと違ってOD-1ってオペアンプの位相が反転しているんですよね。それならと言うことで反転させないようにすると...今度は高音がジャキジャキでOD-1とは程遠い音です。
ま、いろいろと定数変えればOD-1に似たような音は作れそうですけど、そうなるともう趣旨が違ってきてしまいます。
ということでOD-1回路省略計画はボツとなったのでした。
やっぱ位相を反転した上でバッファーで元に戻すことが重要なのでしょうかね。

BOSS SD-1 を OD-1に改造できるのか?

月曜日, 5 月 5th, 2008

デュアルオペアンプバージョンのOD-1を借りてみたら、結構良い音してるのですね。自作のクワッド・バージョンは息子に取れらちゃったんでOD-1の音を聞くの久しぶりでした。
時が経つと音の好みも変わってくるもので、最近は何となく中音にこだわりを持つようになってきました。そんな時にOD-1の音を聞いたもんだからドンズバだったんですな。そこでお借りしているうちにSD-1との比較や徹底解剖記事とか書かなきゃならんなぁと...SD-1と並べて比較したら、かなり音が違うのですよね。
でも回路はほとんど似たようなもんなので、いっそのことSD-1を改造してOD-1にしてしまおうか!と考えたわけです。OD-1を借りているうちに改造して比較してみたいと言う気持ちがムラムラと湧き出してきたので、他にいろいろやりたいことあるのですが、最優先で作業してみようと思います。
ではSD-1とOD-1の違いを見ていきましょう。
(このブログのバージョンアップに伴い写真をアップできない状況です(^_^;))
パっと見、トーン回路以外はほとんど同じ回路&定数です。でも良~く見ると違う違う!まずバッファーの後のコンデンサーがOD-1は異常に小さい。これは低音をカットしてます。それと大きな違いは2段目のオペアンプで位相を反転しているのです。これは詳しく判らないのですけど、SD-1は2段目オペアンプの+から入力していますが、OD-1は-から入力しています。これは大きな違いだと思います。
その他、細かい違いは3箇所程度です。では作業内容をメモしておきます。ちなみにSD-1純正回路図のパーツ番号を元に説明します。
パーツの変更
R1 -> 1k
C2 -> 0.0047uF
C6 -> 0.018uF
R11 -> bypass
トーン周り
C4をカットし代わりに10kΩ抵抗
基板配線番号5,8,11を外す
C5,R8を外す
R7を一旦外し、IC番号7と2のあいだへ繋ぐ
以上です。上記の作業を行ったらホームページの改造で紹介しOD-1と比較してみるつもりです。